プロフィール接客心理アナリスト岩田朱実

街を元気に❢人を笑顔に❢お店を元気に❢

 

買い物が好きだからこそ

リアル店舗には元気でいて欲しい🌞

 

 

 

岩田朱実 / 接客心理アナリスト

 

株式会社天満屋に勤務。

約15年コンサルティングセールス・バイヤー・ショップマスターに携わったのち、約15年間管理職としてマーケティング、商品開発、ブランド開発、人財育成、マネジメントに携わる。

 

また、女性が大多数を占める職場の中、女性管理職が少ない状況を変革すべく、女性リーダーの育成と組織改革に力を注ぐ。


 

 

2013年に退職後独立、接客のプロとしての経験に加え、次世代女性リーダーの育成に携わってきた経験と実践心理学NLPを融合させた「女性を活き活き輝かせるコーチ」として年間平均約100回の社会人向け研修やセミナー、約10店舗の小売業向け売上Upコーチングを実施。

 

「考える→話す→やってみる」の流れを中心にした実践型研修は、考える脳を養い、やる気を引き出し行動に繋がることをテーマに「寝ない研修」とも呼ばれている。

 

 

「企業は信頼Upで業績Up」「街を元気に・人を笑顔に・小売業を元気に」という信念のもと、小売業を中心とした売上向上の研修講師と社会人のキャリアアップに向けた実践心理学資格取得講座の講師として活動中。

 

 

30年の百貨店勤務を経て

 

百貨店に勤務している頃は、販売・接客のプロとして、また管理職としてコンサルティングセールスや商品企画開発・バイイング・年間ディレクション・顧客管理・人材育成等を通して売上を上げることを考えるのが大好きでした。

 

百貨店を退職後「人と気持ちよく関わりたい」「良好なコミュニケーションはやる気につながる」という気持ちから、スポーツや政治の世界で絶大な信頼を得ている実践心理学「NLP」と出会います。

 

このNLPとの出逢いで「人にはそれぞれ考え癖がある」

「それに合わせるとびっくりするくらい早く人と信頼関係を築くことが出来る」

 

そして、これを

「接客に活用することでお客様に喜んでもらえる」

「人財育成に活かすと、人が活き活き成長することができる」

と言う、

 

人と気持ちよく関わる上で誰でも知っている・・けど

なかなか具体的な行動に結び付けることが出来ない

 

人の脳の仕組みとコミュニケーションの裏技を

人に伝えることができることに気付きました。

 

 

 

また、もともと婦人服担当の時に

「似合う色診断」でお客様におしゃれになってもらいたいと

始めた「カラー」の研究が

実は人の心と深く関わって、影響を与えている

と言うことも知ったのです。

 

現在は、

 

「すばらしい商品・サービスを提供しているにもかかわらず」

「従業員の成長が企業の業績アップに深く関わっていると

 わかっているにもかかわらず」

 

「どうすればお客様によろこんでもらえるのか」お悩みの経営者の方や

「人を育てるために何から始めようか」と困っている指導担当者の方へ

 

身近だけど奥が深い「心理」と「カラー」のチカラを活用した

人との関わりの中で「信頼を醸成」し、リアル店舗ならではの強みを活かし、売上Up⤴に繋げる

 

「態度・言葉・行動」を手に入れてもらうために日々活動しています。

 

 

 

 

 

 

岩田朱実

 

岡山県岡山市生まれ 

広島県と岡山県育ち

 

 

 

 

父が転勤族だったため転校、転校で4つの小学校に通う「引っ込み思案」

「泣き虫」の女のコでした。

 -今これを言うとかなり激しい疑いの目で見られます👀-

 

中学校、高校は思春期にありがちな「反抗的」で「気難しい」生徒でした。

よく先生や親と衝突していました。

 -今これを言うと友人は「そうじゃろな」と言いますが

  受講生さんは「信じられない」と言います☺-

 

短大では幼児教育を学びました。

一番印象に残っているのは教育実習で

「重度の障害を持つ子供の施設」に行き、

 

初めはびっくりしたものの、子供たちの純粋さと無邪気さを目の当たりにし

たった10日間と言う短いふれあいではありましたが

心が通い、どんどん好きになり

お別れ会で大号泣してしまったことです。

 -いまだに「これっくらいの、お弁当箱に、おにぎり・・」

  と一生懸命歌ってくれた「たもつくん」の

  かわいらしい顔を思い出して、じわっと来ます。-

 

百貨店ではたくさんの仕事とたくさんの出逢いがありました。

よく「女の園は大変でしょ〰」と言われますが

ありがたいことにとても楽しく、忙しい毎日を送ることが出来ました。

退職する時に元上司は「野獣が野に放たれたぁぁぁぁ」と天を仰いでいました。

 -今でも元上司や同僚・部下と交流があり、いい関係を続けられることに

  感謝しています。-

 

そして今に至ります。

資格

・全米NLP協会認定トレーナー

・GCS認定プロフェッショナルコーチ

・パーソナルカラリスト

・セラヒューティックTA講師

・Labプロファイルプラクティショナー

・3級ファイナンシャルプランナー

 

 

所属団体

・アルマ経営研究所 契約講師

・パソナ岡山 契約講師

・ヒューマンアカデミー 非常勤講師(元高松校教務主任)

・ミラサポ専門家

・烏城会(朝日保育園)理事

 

 

      ーここからは「岩田朱実の起業への道」です。

              興味がない方はスルーしてくださいー

 

30年間百貨店で色んな経験をしたことが今の仕事に役立っています。

 

退職した時は、「何か別の仕事をしてみたい!面白いことないかな〰?」

と思っているくらいで、あまりなにも深く考えていませんでした。

色んな人に「やめてどうするの?」と訊かれても

「何か勉強でもしようかなぁ」と答えるのが精いっぱいでした。

 ・・何しろ「考えてない」というのもどうかと思った程度だったのです・・

 

言った手前、何もしない訳にはいかないので、

何を勉強するか探していた時に、ヒューマンアカデミーの

「NLP心理カウンセラー講座」のパンフレットが目に入りました。

『人の心理がわかるっていいなぁ。ちょっとやってみようかなぁ。。』

と軽い気持ちで説明を聴きに行き、その場で入校!

とっても楽しそうだったものですから☺

 

学び始めて3回目くらいで「これはいい!NLPの先生になりたい!」

と思い始め、起業を決めました。

 

心理を学ぼうと思っている人は「人を大切にしたい」と思っている人が多いので

クラスの中はとても暖かく、優しい雰囲気が溢れる環境でした。

今でも一緒に学んだ仲間と交流できるのも素敵な事です。

 

ただ、先生になるためにはやっぱりたくさんの勉強をしなければいけませんし

東京に行ったり、大阪に行ったり、アメリカに行ったりと

知識を得るための勉強と、伝えるスキルを養うための勉強に明け暮れました。

 

その学びの中でまた、多くの人に出逢い、多くの発見をし、多くのお金を使い・・💦

百貨店に勤めている時も、出張が多く全国の百貨店やお取引先の方々と

出逢う機会が多かったので、色んなことを知っているつもりだったのですが。。

 

外に飛び出してみると、見たことも聞いたこともないような

職業や立場の人がいることにびっくり😲

本当に楽しく頑張る日々を過ごしながら、一歩ずつ講師への道を進んで行ったのです👣

 

 

退職後約1年間の学びの生活を終え、いよいよ講師として独立起業することに決めました。

 

百貨店に勤めていた頃の経験を活かし「接客セミナー」と退職後に学んだ「実践心理学NLP・心理カウンセラー講座」の講師としての生活がスタートしたのです。

 

初めはクライアントさんがいませんから、今までの知り合いに話を聴きに行ったり、異業種交流会に参加したりして「だれか依頼してくれないかなぁ」と連絡が来るのを待っていました。

 

当然ですが、自称「セミナー講師」になってから約3カ月間は仕事依頼の電話は全くかかって来ませんでした。

仕方がないので、知り合いに電話をして「接客研修しない?」と聞いたり仕事の時にお付き合いがあった人に会いに行って「そういえば従業員研修したいって言ってなかったっけ?」などと言って半ば無理やり仕事を依頼してもらっていました。

 

また、高松ヒューマンアカデミーから「心理カウンセラー講師」への依頼をいただき、「NLPトレーナー」としての道も歩き始めたんです。

 

岡山で30年間地元の老舗百貨店で真面目に勤めていたこともあり、信頼してもらえることが多く、知り合いが知り合いを紹介してくれたり、リピートしてくれるクライアントさんも徐々に増えてきました。

 

やっぱり独立するとしてもしないとしても「真面目に働く」ことは大切なことだなぁと改めて実感したわけです。

 

このままBJ2/接客心理アナリストのお仕事はうまく行くかのように見えましたが・・⚡

 

講師としての販促活動をほとんど行っていなかったので、紹介やリピートでのクライアントさんしかお付き合いがないことに気付いてしまったんです。

 

このままでは「街を元気に、人を笑顔に、店を元気に」という私の使命が果たせない❢

というと言い過ぎかもしれませんが

 

  私はとにかく「買い物が好き」で「楽しく買い物をしたい」んです。

  だから、お店が元気じゃなきゃ困るんですね。

  そして接客をしてくれる人が「プロフェッショナル」なほうがいいんです。

 

「これはまずい❢」と思い、次に思いついたのが「そうだ!ホームページを創ろう」でした。

 

今までお会いしたことがない方との出逢いを求めて

 

仕事でお世話になっている方にホームページのプロを紹介してもらい、右も左もわからないまま、ホームページ制作に取り掛かりました。

 

そうして取り組んでいる仕事が一段落つきそうになり、ホームページの制作に四苦八苦しているときに・・・

 

なんと👀体調を壊してあえなくダウン💦

というか、体調を崩しているにもかかわらず「仕事が一段落してから」と独立して間もない人にありがちな「極端な無理」をしてしまい、病院に行くと同時に『緊急入院』😢

 

診察室で「緊急入院」が決まった瞬間、車いすに乗せられ病室に直行→ベッドに寝かされ→3本点滴

 

あぁぁぁ

私、どうなるんだろ・・

 

・・・つづく