いい人が採用できない❢

いい人が採用できません‥

 

【リアル店舗の

 

 経営者、店長、指導担当者

 のための

 

 販売力接客力を

 上げるブログ⤴】

 

このブログでは

 

「小売業は信頼Up⤴で売上Up⤴」

をテーマに

 

従業員がみるみる育つ

指導方法や

販売力接客力Up⤴スキルを

 

心理のチカラを活用して

お伝えしています。

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

「募集しても

 いい人が応募して

 こないんですよね」

 

「どこかにいい人

 いませんか?」

 

「なかなかいい人が

 集まりません」

 

最近こんなお話が

あちこちで聞かれます。

 

困りましたね~

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

お店が

繁盛するかどうかは

人で決まります。

 

「いや❢商品だ」

 

と言う方も

いらっしゃると

思います。

 

 

しかし

 

商売繁盛は

人です。

 

 

ちなみに

 

誰にも負けない

どこにもない

誰もが欲しい

 

そんな商品を

提供しているお店は

 

「商品」

 

かもしれません。

 

なので

 

そんな商品を

販売している人は

 

これから先は

読まないでくださいね。

 

 

しかし

 

多くのお店は

 

そんな都合の良い

商品だけで

商売をすることが

 

出来ません。

 

 

つまり

 

商売繁盛は

人なのです。

シツコイ?

 

 

しかし

 

研修の打ち合わせを

していると

 

「いい人が

 来ないんですよね~」

 

「だれかいい人

 知りませんか?」

 

と言われることが

よくあります。

 

困りましたね〰💦

 

 

商売繁盛は人なのに

 

いい人が採用

できないなんて‥

 

 

たしかに

 

今は売り手市場と

言われています。

 

何なら

 

超を付けてもいいくらい

人手不足と言われています。

 

 

その中でも

 

小売業やサービス業は

あまり人気がある職種とは

言えません。

 

 

つまり

 

いい人は集まって

こないのです。

 

 

この

 

「いい人」というのにも

多少引っ掛かりますが

 

今日のお話は

そこではありません。

 

 

「いい人が

 採用できない」

 

しかし

 

「いい人に

 集まって欲しい」

 

と言うことです。

 

じゃあ

どうすればいいの?

 

 

それは

 

「いい人」を採用

しようとするのを

 

やめるのです。

 

 

じゃあ

誰を採用するの?

 

 

普通の人を

採用するのです。

 

 

どこの企業も

どんな職種でも

 

最初から

 

何でもできる人を

採用することなど

できません。

 

中には

 

ヘッドハンティングなどで

 

優秀な即戦力を

バンバン採用できる企業が

あるかもしれません。

 

 

しかしそれは

 

一部の技術職とか

カリスマに限られます。

 

特に地方では‥😢

 

そんな人を探していては

いつまでたっても

採用など出来ません。

 

人と言うのは

 

その立場になることで

成長していくモノです。

 

特に

 

周りが育てるつもりで

接すれば

 

グングン育つ

普通の人は

たくさんいます。

 

 

だから

 

「いい人」いないかな?

から脱却して

 

「まずは普通の人を

 採用しよう」と

 

気持ちを切り替えること

から始めます。

 

 

ただし

 

普通の人を

採用するからと言って

 

だれでもいいわけでは

ありません。

 

 

この場合

 

一つだけ

気を付けて

おきたいことが

 

あります。

 

 

それは

 

「これだけは

 絶対にダメ」という

 

要素を

決めることです。

 

 

決めたらあとは

簡単です。

 

 

その

 

「ダメ」な要素を

持っていない普通の人を

採用するだけです。

 

 

そして

 

その普通の人を

 

店長をはじめ

先輩たちが

導して、育てれば

 

いいのです。

 

 

ちなみに

 

あなたのお店の

店長や先輩は

 

新しく入ってきた

新人を指導するのは

大切な仕事だと

 

認識していますよね。

 

していない場合は

 

すぐに

 

「指導するのは

 当たり前」

 

だと言うことを

 

共通認識とする必要が

あるでしょう。

 

 

そして

 

普通の人を採用して

 

指導しながら

お店で育てる仕組みを

創るのです。

 

 

本来ならば

 

ある程度

 

育てる仕組みを

創っておいた方が

いいのですが

 

 

そんなこと

 

できないくらいに

切羽詰まっているお店も

多いようですから

 

やりながら創りましょう。

 

 

そうして

 

普通の人を

育てるノウハウが

蓄積できれば

 

それは

お店の財産になります。

 

 

つまり

 

育った人が

人財になる上に

 

育てるノウハウまでが

財産になるのです。

 

 

この

 

育てるノウハウを

蓄積することで

 

店長や先輩たちも

成長しますし

 

「いい人が集まらない」が

解消できますね。

 

【今日のポイント】

 

「絶対にダメ」条件を

クリアできる

 

普通の人を採用する。

 

その新人を

 

店長はじめ

お店の先輩全員で

 

育てる。

 

そうすることで

 

「いい人」に

成長するとともに

 

育てるノウハウを

蓄積する。

 

 

いい人や

カリスマや

優秀な人を

 

採用するという

はかない希望は捨てて

 

自給自足生活に

入りましょう。

 

さらに言うと

 

カリスマを採用すると

 

お店がだめになって

しまうかもしれないって

 

知ってますか?

 

これに関してはまた

 

次回お届けします。

 

お楽しみに〰

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

 

 

「販売力接客力を上げる」

研修に関する

ご相談を承っています。

 

  👇



 

関連記事