販売力接客力を上げる7つのチカラ 6

販売力接客力を上げる7つのチカラ  6

 

【リアル店舗の

 

 経営者、店長、指導担当者

 のための

 

 販売力接客力を

 上げるブログ⤴】

 

こんにちは☀

 

接客心理アナリストの

岩田朱です。

 

このブログでは

 

「小売業は信頼Up⤴で

 売上Up⤴」

をテーマに

 

従業員がみるみる育つ

 

指導方法や

販売力接客力Up⤴

スキルを

 

心理のチカラを

活用して

 

お伝えしています。

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

販売力接客力を上げる

7つのチカラ 6

 

「また会いたいを引き出す

 チカラ」

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰 

 

販売力接客力を

上げる

5つのチカラを

 

磨くことで

 

お客様の

より良い未来を信じ

 

気持ちの変化に

寄り添いながら

 

本音を話してもらい

 

欲しいモノを理解して

 

適切な商品を

ご提案できる人に

なりましたね。

 

お客様との

信頼関係が

より深まった方も

 

多いのでは

ないでしょうか?

 

 

しかし

 

ここで安心するのは

まだ早いです。

 

世の中には

 

モノや情報が

溢れている時代です。

 

感じがいいお店の人は

街に溢れていますし

 

欲しい商品は

いくらでも

どこでも買うことが

 

できます。

 

 

おまけに今後

人口が増える見込みは

今のところありません。

 

 

つまり

 

 

目の前のお客様に

お買い上げいただける

だけでは

 

売上を上げ続けることは

できない時代なのです。

 

 

そうすると

 

何が必要かと言うと

 

「また来たい」

「また会いたい」と

 

思ってもらうことが

とても大切なのです。

 

 

これからは

 

新規のお客様が

驚くほど増え続けることは

考えにくいです。

 

一部のお店を除いては‥

 

 

と言うことで

 

一度買っていただいた

お客様に

 

リピートして

もらわなければ

 

お店が成長しない

 

と言うことは

 

もう

お分かりだと思います。

 

 

だからこそ

 

リピートして

もらうためには

 

何が必要かを

 

考えて

準備しておく必要が

ありますね。

 

準備?

 

 

それは

 

あなたがお客様を

覚えるコト

 

ではありません。

 

 

なに?

 

 

準備しておくことは

 

お客様に

 

あなたやあなたのお店を

覚えてもらうための

 

ことばと行動です。

 

お客様に

「また来たい」

「また会いたい」

 

と思ってもらうために

 

 

あなた自身や

あなたのお店が

 

お客様の記憶に残る

行動やことばを

用意しておく

 

と言うことですね。

 

 

感じの良い接客や

 

いい商品を

お買い上げいただくことで

 

お客様はあなたのことを

 

「なんとなく好き」と

感じます。

 

 

しかし

 

何となく好きと

思っていただけた

からと言って

 

何となく次も

 

ご来店いただける

と言うことは

無いんです。

 

 

ではどうすれば

 

記憶に残るのか?

ということですよね。

 

 

これは2つの場面で

考えます。

 

 

まず一つ目の場面は

接客中です。

 

お買い上げが決まった後

お会計の時や

包装の時などに

 

次回のご来店を

促すために

 

何をお伝えするのかを

決めておくのです。

 

 

できれば

1か月以内に

 

また来たくなるような

情報をお伝えするのが

いいでしょう。

 

 

新商品のご案内や

イベントとか

キャンペーンなど

 

忘れ去られる前に

 

「もう一度来なきゃ」

と思ってもらえるような

ことです。

 

楽しそうとか

得になると

 

思ってもらえる

コトですね。

 

そういった意味では

 

ポイントカードの発行や

アプリ登録なども

効果があります。

 

 

しかし

 

ただお渡ししたり

登録してもらうだけでは

 

他のお店と同じ

カードケースの中や

スマホの中で

 

埋もれてしまいます。

 

埋もれてしまう前に

 

「行かなきゃ」

と思ってもらえる

工夫をして

 

お伝えすることが

大切です。

 

 

そして

もう一つの場面は

 

お客様が実際に

その商品を

使っている時です。

 

 

お買い上げいただいた

数日後に届く

 

DMやメールで

 

興味を持ってもらえそうな

企画やキャンペーンを

お知らせする方法です。

 

 

このとき

気を付けたいのは

 

「買って❢買って❢」と

言わないことです。

 

「買って❢買って❢」と

言われていると感じると

 

「行ったら

 買わされるかも・・」

 

と感じられてしまって

 

逆に足が遠のいてしまう

こともありますから💦

 

 

お客様の

 

記憶に留まったり

 

記憶が

呼び覚まされたりする

アイディアは

 

お店によって

それぞれ違うと思います。

 

 

お客様の購買行動や

ライフスタイルなどに

合わせて数種類

 

用意しておくのが

いいでしょう。

 

 

そうすることで

 

「あの人は感じよかった

 商品も気に入っている

 

 だからまた行こう」

 

と思ってもらえる確率が

ぐっと上がるんですね。

 

 

【今日のポイント】

 

リピートして

もらうために

 

いつ何をお伝えするのかを

決めておく。

 

継続的に

接触する仕組みを

創っておくことで

 

記憶に留まる

お店になる。

 

 

せっかく

お買い上げいただいたのに

 

他のお店のように

忘れ去られたら

 

もったいないですもんね。

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

 

 

「販売力接客力を上げる」

研修に関する

ご相談を承っています。

 

  👇



 

関連記事