「目配り・気配り・心配り」ってどう違うの?

「目配り・気配り・心配り」どう違うの?

 

【リアル店舗の

 

 経営者、店長、指導担当者

 のための

 

 販売力接客力を

 上げるブログ⤴】

 

このブログでは

 

「小売業は信頼Up⤴で売上Up⤴」

をテーマに

 

従業員がみるみる育つ

指導方法や

販売力接客力Up⤴スキルを

 

心理のチカラを活用して

お伝えしています。

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

仕事をする上で

 

「目配り・気配り・心配り」が

大切といわれますが

 

この

 

「目配り・気配り・心配り」の

違いって

 

何ですか?

 

今日はこんな

ご質問

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

たしかに

 

何となくニュアンスは

伝わりますが

 

ホントのところ

何が大切なんでしょうね?

 

と言うことで

 

こんな考え方は

どうでしょう?

 

 

 

「目配り」とは、

 

観察して

願望を見つけること

 

言い換えると

 

注意深く相手を

観察することで

 

本質を見極めること

 

 

「気配り」とは、

 

相手の願望に

気持ちを寄せること

 

言い換えると

 

目配りで見極めた

本質に沿って

 

配慮する気持ちを持つこと

 

 

「心配り」とは、

 

相手の願望を

実現するために

 

行動に移すこと

 

言い換えると

 

気配りで感じた

配慮の気持ちを

 

心を尽くして

行動で表すこと

 

 

つまり

 

「目配り」

➡願望を見つける

 

「気配り」

➡見つけた願望に

 寄り添う

 

「心配り」

➡寄り添った願望を

 実現する行動

 

という

感じです。

 

 

 

そして

 

これって

 

接客に当てはめると

良さそうですね。

 

 

接客が始まる前に

 

ご来店いただいた

お客様の

 

 

行動やことばを観察し

 

何を望んで

いらっしゃるのかを

見極めます。

 

お客様の願望を

見つけるんですね。

 

 

見つけたら

 

その望みを叶えるために

どんな気持ちで接すると

 

お客様が

心地よいと感じてくれるかを

察します。

 

お客様の

気持ちの移り変わりに

 

寄り添うんですね。

 

 

寄り添ったら

 

心地よいと感じてもらえる

行動に移します。

 

 

心を込めて

行き届いた行動を

とることで

 

お客様に信頼を

提供できますね。

 

 

人は

 

自分のことを

理解してくれて

 

心地よいと感じる行動を

してくれる人に

 

好感を持ちます。

 

 

接客では

 

お客様が今、

 

どんな状態で

何が問題で

何が欲しいのかを

 

見極めることが

大切です。

 

そして

 

気持ちや欲求を理解し

 

そのお客様の

望みに合わせた

 

行動が

求められています。

 

 

なぜならば

 

接客に携わる人の役割は

 

お客様の望みと

自店の商品特性を

 

結び付けること

だからです。

 

お客様の欲しいモノを

 

いち早く察し、

 

望みを実現するための

適切な商品や

サービスを提供します。

 

 

お客様の

心の移り変わりに

寄り添いながら

 

ワクワクしてもらい

 

購入後の

幸せまでの想像を

 

思いっきり

膨らませてもらう

 

お手伝いができる人が

喜ばれます。

 

 

お店の中で

 

どこに目を配り

 

何に気を配り

 

どんな行動に心を配ると

 

お客様の望みを

かなえられるか

 

常に考えて行動する人は

 

やっぱり

 

売れる人です。

 

 

では

 

どうすれば

 

「目配り、気配り、心配り」が

 

実践できるように

なるのでしょう?

 

 

それは

 

練習あるのみです。

 

 

そうは言っても

 

お客様で練習するのも

なんですから

 

 

お勧めなのは

 

従業員同士や

家族に対して

 

観察してみることです。

 

 

人は

 

ことばに表れない

 

多くの感情や気持ちを

 

態度や話し方で

表現しています。

 

 

まずは

 

周りの親しい人を

観察して

 

寄り添う行動を

してみることで

 

 

何が喜ばれて

何がそうでもないのか

 

の経験を

 

たくさん積むことを

お勧めします。

 

 

【今日のポイント】

 

「目配り、気配り、心配り」で

相手に心地よさを提供する。

 

 

そうすることで

 

信頼を深め

人間関係が

スムーズになることを

 

実感する。

 

ぜひたくさん

 

練習してみてくださいね。

 

 

【余談の観察】

 

先日とあるお店に行って

洋服を見ていました。

 

ん?

 

さっきからずっと

視線を感じるぞ👀

 

ちょっと移動してみる👣

 

やっぱり

視線を感じる👀

 

もうちょっと

移動してみる

 

 

見えないけど

足音が付いてきてるー👣

 

何となく

視線が背中に刺さってる?

 

 

立ちどまってみる

 

後ろの

足音が止まる😣

 

商品に触れようとした

 

その瞬間❢

 

来たぁー

 

 

「かわいいでしょう

 

 どうぞ

 ご試着してくださいね」

 

わっ

 

自慢と命令だ😵

 

 

ちょっと気づまりで

 

観察と言うより

監視されてると感じた

 

接客でした‥ぁぁ

 

あまり気付かれないように

 

さりげなく

観察してほしいですね。

 

最後まで

お読みいただき

ありがとうございます。

 

「販売力接客力を上げる研修」に関する

ご相談を承っています。

 

  👇 



 

関連記事