「視覚心理効果」を活用して物言わぬ販売員に磨きをかける

見えているモノだけが真実だとは限らない?

 

【リアル店舗の

 

 経営者、店長、指導担当者

 のための

 

 販売力接客力を

 上げるブログ⤴】

 

こんにちは☀

 

接客心理アナリストの

岩田朱です。

 

このブログでは

 

「小売業は信頼Up⤴で売上Up⤴」

をテーマに

 

従業員がみるみる育つ

指導方法や

販売力接客力Up⤴スキルを

 

心理のチカラを活用して

お伝えしています。

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

前回は

 

人が思わず行動してしまう

「視覚心理効果」の

前半2つをお届けしました。

 

今回は後半2つを

お届けします。

 

純粋にクイズ好きの人も

 

自粛や巣ごもりで

頭が固くなって

しまっている人も

 

頭のマッサージ気分で

お付き合いくださいね。

 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

いきなり

第3問です。

 

先入観を取っ払って

よく見てくださいね。

 

下の図は

何を表している?

 

 

分かりましたか?

 

答えは

「LIFE」です。

 

③隠し文字効果

 

人は

「目立つモノを見る」

習性があります。 

 

見たいモノを見たり

見えるモノに注目

するのです。

 

また

 

隠れているモノが

見つかると

 

そこからは

 

その隠れているモノが

はっきりと

見えるようになります。

 

あなたももう

 

「LIFE」としか

見えなくなって

いませんか?

 

お店の陳列をする時に

あれもこれもと

欲張って

 

置けるだけ商品を

置いているところは

ありませんか?

 

そして

 

本当に注目して欲しい

商品を

 

埋もれさせているところは

ありませんか?

 

自分では

お勧めの商品が

しっかり見えている

魅せている

 

つもりでも

 

お客様から見ると

隠れ文字のように

 

他の商品に埋もれている

ことがあります。

 

先入観を取っ払って

 

もう一度

お客様の気持ちになって

陳列を見直してみると

 

意外な落とし穴に

気が付くかもしれませんね。

 

さぁ

最後です。

 

4問目

 

AとB

どっちが大きい?

 

 

分かりましたか?

 

答えは

どちらも同じ大きさです。

 

③バームクーヘン効果

 

これはとても有名な

脳を混乱させる

錯視のひとつで

 

並べ方によって

大きさが変わって見える

というものですね。

 

人の脳って

意外と惑わされやすい

モノなんですね。

 

商品をお客様に

どう魅せたいかによって

 

陳列方法は

色々工夫ができます。

 

あなたの商品は

大きく見えた方が

いいでしょうか?

 

それとも

小さく見えた方が

いいでしょうか?

 

それぞれの

商品特性や

ターゲット顧客に合わせて

 

並べ方を

工夫してみてくださいね。

 

以上

4つの「視覚心理効果」を

活用した

 

お店創りのヒントを

お届けしてみました。

 

ぜひ

お店で色々

試してみてくださいね。

 

 

 

【今日のポイント】

 

人は見てているモノだけが

真実だとは限らない。

 

ちょっとした工夫で

視線を集めたり

 

不思議な感覚を

味わってもらったり

 

視覚の不思議効果を

活用する。

 

せっかくお客様が

ワクワクお買い物に

来てくれるのだから

 

楽しみながら

 

見て欲しいモノを

見てもらい

 

進んで欲しい場所に

進んでもらう

 

そんな工夫も

しておきたいですよね。 

 

【ちなみに】

 

こんな

「視覚心理効果」もありますよ。

 

人の脳の不思議を知ると

色んなことに

役立ちますね~☺

 

 

人の脳の不思議👀を知って

「物言わぬ販売員」に

磨きをかけよう☺

 


 

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

 

本日も

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

人はなぜモノを買うのか?

 

お客様の

気持ちの移り変わりに寄り添い

 

気持ちよくお買い物を

していただきたい💛

 

 

100年先まで愛され続ける

お店を目指している方は

 

ぜひご連絡ください。

 

 

販売力接客力Up⤴研修に関する

ご相談を承っています。

 

 👇

前のブログ記事

次のブログ記事


ブログ記事 人気ランキング